生活の中ではパソコンやテレビは使うことも多いでしょう。
視力低下を防ぐためにも、目を疲れさせないためにも
目に負担をかけない環境を心がけることは大切です。

パソコンを使う場合は暗いところで使うのはやめましょう。
部屋よりも画面が明るいと画面のちらつきや反射が
目に負担をかけてしまいます。
画面がちらつく場合や反射する場合は低減するフィルターがあるので、
それを使うのも良いでしょう。

パソコンを使うときは前屈みにならないようにして、
首や肩に負担をかけず背筋を伸ばすようにしましょう。
モニターは近すぎず遠すぎないようにして
モニターを見上げるような状態で使うのは目に負担がかかります。

冬は部屋が乾燥しやすいので、乾燥でドライアイになるときは
加湿器で部屋の空気を加湿するのが良いでしょう。
加湿器がないときはコップに水を入れて置いておくだけでも違います。
モニターを見続けるなど集中したときは適度に休むようにしましょう。