眼精疲労は視力の低下に繋がります。
これは筋肉を一定のピントにしか合わせないために起こります。
目に負担をかけることは視力低下に繋がってしまいます。

人は一定のピントでものを見続けると、
目の筋肉がそのピントにだけ合うようになってしまい、
他のピントでは筋肉が上手く働かないので
視力が低下していきます。これは体の筋肉を使わなければ衰えるのと似ています。

眼の疲労で視力低下を防ぐためには出来るだけ目に疲れを溜めないことです。
その日の疲れはその日のうちに回復しましょう。
お風呂に入ってリラックスすることや、十分に睡眠をとること、
マッサージすることなどで目の疲れを回復してあげましょう。
また目が疲れてきたと思ったら遠くを見たりして目の筋肉をほかのピントに合わせて
あげることも良い方法です。