目の疲れは一日休めば治る場合は
それはただ単に目が疲れていただけです。
しかし重度の疲れ目は休んでも治らない場合や、
目以外の体の部分にも影響を与えることがあります。

疲れ目は目が重い、目が痛む、かすむことや充血などの症状
が表れることもあり、特に目の奥の痛みは目の筋肉が
痛んでいる証拠です。これらの症状がある場合は
目の疲れが酷い状態であり、少し休んだだけでは治りません。

目の疲れは肩こりや頭痛や吐き気などの症状も引き起こします。
これは目の疲れが周辺の筋肉にまで影響を与えてしまい、
肩こり方頭痛になる場合も多いです。
体に症状が表れた場合は、その部分を治しても目の疲れがあれば
また同じ症状になってしまいます。
根本の疲れ目を解消しなければ問題解決にはなりません。