日常生活では目を酷使することも多く、
目が疲れることもしばしば起こります。
目の疲れというのは目のどの部分が疲れているのでしょうか。

疲れ目は目の回りの筋肉が疲れた状態です。
運動して筋肉を使えば体が疲れるのと同じように
目の筋肉も使いすぎれば疲れます。
これが目が疲れたと感じる状態になります。
目はピントを合わせようと常に目の筋肉で水晶体などのレンズの
役割をする部分を調節しているので目はとても疲れやすい部分です。

目の疲れは長時間パソコンをしたり読書をして
ピントを同じ部分に合わせていると特に疲れやすくなります。
疲れ目は目が疲れるだけではなく、頭痛がしたり肩こりになったり
視力低下を引き起こしたりと、様々な影響を与えます。
メガネやコンタクトレンズのピントが合わないものを
使い続ける場合でも目に負担をかけて目を疲れさせてしまいます。