疲れるのは何故か

人は体を動かせば疲れます。
その疲れはどこからきて、何故疲れたと感じるのでしょうか。
動けば疲れますが、動かなくても疲れたと感じることもあります。
それは何故でしょうか。

疲れには体と心の2つの疲れがあります。
精神的に疲れれば体でも疲れたと感じてしまいます。
また体を動かさなくても逆に疲れてしまい、
人間には適度な運動は必要不可欠です。
動かなければ筋肉も衰えて少し動いただけでも疲れるようになります。

目の疲れも使いすぎれば疲れてしまい、
酷使した状態が続けば疲れは取れなくなり視力も低下します。

体の疲れは休めば回復しますが、
心の疲れは少し休んだだけでは取れないことも多いのでやっかいです。
疲れたと感じたら十分に休んで、日頃から疲れを溜めないように、
疲れを上手くコントロールできるようにしなければなりません。

参考サイト
疲れをとる方法