疲れたときは冷温パックで疲れをとる方法があります。
目が充血したときやしょぼしょぼしたとき、
炎症を起したときなど、症状に合わせて冷温パックを使ってみましょう。

長い間に目を酷使してしょぼしょぼしたりしたときは、
目の血行が悪くなったているので、温パックで温めると血行を回復して
疲れをとることができます。
このときに熱すぎるものを使うと火傷するので注意しましょう。
充血したときは目が炎症を起しているので冷パックで冷やしてあげましょう。
両方の症状の時は冷温パックの両方を交互に使うと良いです。

冷温パックはお店でも売っていますが、
使いたいときに身近に無いときはタオルを温めたり冷やしたりして
使うと良いでしょう。あらかじめつくって用意しておくのもよいでしょう。